フリーランスブームの裏側とこれから僕らが考えること

【ワークショップ協賛】 STUDIO Workshop with 株式会社モリサワ 7/17(水)に開催される今注目のコードを書かずにおしゃれなWebサイトが作れるサービス「STUDIO」の関西初のワークショップがさくらインターネット(梅田グランフロント)にて開催されます!詳しくはコチラ
【定期相談会】フリーランス相談(初回無料)@大阪梅田
大阪梅田の事務所にてフリーランスに興味ある方や、今後の方向性に悩むクリエイターやエンジニア、学生の無料相談を開催しています。詳しくはコチラ

2000年代前半。フリーランスというのは一部の優秀な人が独立し、一人で自立した働き方されていました。

しかし、今時代は大きく変わりフリーランスも増え、週末フリーランス、副業フリーランス、学生フリーランスなど珍しくない時代となりました。

この記事ではクリエイターを中心とした長年フリーランス支援に関わりフリーランスブームを自身の経験を踏まえて感じてきたこと、そしてこれからフリーランスを目指す人に伝えたいことをまとめました。

(フリーランスがどうとか、日本がどうとかはあくまで私の所感ですのでその視点でお楽しみください)

【この記事を書いた人】
フリーランス・クリエイターの駆け込み寺
Creative Universe Inc CEO
クリエイター祭り主催
樫本祐輝(カッシー@strive
1985年生まれ 岡山出身大阪在住 Web制作会社→フリーランスWebデザイナー→ゲーム開発会社→マーケティング会社→NPO法人→再びフリーランス→フリーランス・クリエイター支援や法人向けコンサルティングで法人化。2012年よりフリーランスセミナーを大阪・東京にて開催中、2013年にフリーランス・クリエイターギルド「TheCreative」を立ち上げ現在90人規模に。フリーランス・クリエイター支援に本格的に力を入れるため2017年に法人化。「#クリエイター祭り」など様々なイベントを開催する。家庭も大事にしずっと専業主婦の妻と3児のパパ。詳しいプロフィールはコチラ

2015年ごろから急激に伸び始めたフリーランス市場

Googleトレンドで「フリーランス」の結果。2015年ごろから伸びている

私がフリーランスという言葉を知ったのは、専門学生のときでした。

当時から在宅ワークを目指し、独立したいと考えていました。言葉してフリーランスを知ったのは定かじゃないですが、記憶にある限りだと2004年に岡山の西田幸司さんというフリーランスのデザイナー/アートディレクターが有名な賞を受賞というニュースを知った頃でした。(現在は東京でご活躍のご様子)

以前「フリーランス」とは一人で自立してやっていけるだけのスキルを持つスペシャリストという印象でした。実際に僕が若くして独立した時、素晴らしい方々がフリーランスでたくさんいました。

組織やチームでの仕事ももちろん良さはありますが、いち個人の最大化という点に惹かれ、私はフリーランスを道を2006年に社会人経験一年と若くして選びました。

この頃は会計サービスの「freee」などの会計サービスもなく、Windows版やよいの青色申告で確定申告をしていたのが懐かしい思い出です。若いフリーランスは珍しく、色々な方に可愛がってもらえて今があります。

その後、結婚・就職して再び独立したりと時は流れ私がフリーランス支援としてセミナーを始めた2012年。この年はfreeeが創業したり、コワーキングが増え始めた頃でもあります。この頃にフリーランス向けサービスを始めていた方々は先見の眼があったことでしょう。

自分の人生を会社に預けられない時代に

2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災など経済的にも精神的にも陰りが見える時間を過ごし、企業も終身雇用できない、退職金は出ない、給料は安いなど、将来もらえる年金は期待できないなど働き方、生き方を考えなければならない空気感が出てきました。

ちょうどそんなときに「ノマドワーカー」といった言葉が安藤美冬さん、めいろまさんなどを筆頭に流行り、スタバのような場所も増え、徐々にフリーランスが働き方の選択肢として注目されるようになりました。

私のブログも2011年に「フリーランスの独立準備をしよう!」という記事を書いたところ、バズってはてなブックマークで1500ブックマークがつくほどのアクセスが集まりました。

私の周りでも体を壊して週5働けない方、出産を期に在宅で仕事をするしか無い方、奥さんのために一時的に在宅ワークに切り替える旦那さんと決して「より上を目指して独立起業する」という印象ではなく、成り行きで働き方の選択肢としてフリーランスを選択する人が私の元にもたくさん相談にこられました。

「収入は増えていかない」
「このままでいいのか分からない」
「自分の人生はこのままで良いのだろうか」
「一般職から将来性のある仕事に転職したい」

「どれぐらいスキルがあれば独立できるのか?」
「仕事の獲得の仕方はどうするのか?」
「Webデザイナーの将来性は?」
「クリエイター続けたいけどどうしたら?」

このような相談がたくさんありました。びっくりするほどみんな悩んでいるんだとフリーランスのセミナーを2012年より始めました。

個人で仕事をする土台が整い、個性が重視される時代へ

  • コワーキングスペースや電源あるカフェの増加
  • 会計サービスなどの充実
  • ポケットWiFiやテザリングなど外での手軽なインターネット環境
  • ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングの認知
  • ITやWeb系など個人単位で仕事

このように個人で仕事する環境が急速に整っていきました。

特にリーマン・ショック以降日本でも起業が減りオフィスの空きが目立つようになり、空室の活用事例としてコワーキングスペースは徐々に注目されました。

日本や会社、自分自身が将来良くなっていくイメージが湧かない人が増えた結果、「経済的に将来に期待できないならば、より気持ち的に自分の幸せを考えて動こう」という方が増えてきました。

これにより自分の存在意義を考えたり幸福を考えて動く傾向はより若い人になるにつれ増えています。

働くことが当たり前、お金のために仕事をすることが当たり前という世代にはなかなか理解せれず、この価値観の格差は人材不足の要因やフリーターの増加にも影響してると考えています。

さらにSNSの台頭により、個人で影響力を持つ「インフルエンサー」の登場やYouTuberなど確実に個人の個性を売りにしたブランドがさらにフリーランスや副業ブームに拍車をかけます。

働く理由を探し求める時代に

フリーランスにしても会社員として就職するにしてもより「なぜ働くのか?」というWhyが問われる時代となりました。このサイトコンセプトも「Why are you freelance?(なぜ、あなたはフリーランスに?)」です。

会社選びも徐々に待遇と同じくらい

「何を目指している会社か?」

「個性を尊重してくれる会社か?」

「フレックス制度や副業可など柔軟さはあるか?」

といった要素の重要性がどんどん増しており、魅力ない事業や企業は人出不足にどんどん窮地に追いやられていくでしょう。

どうせ将来幸せになって行かないなら

「幸せを感じる働き方をしたい」

「自分が必要とされる場所で働きたい」

「社会に対して意味のあることをやりたい」

このように経済的な豊かさでは無く精神的な豊かさを求める変化が確実に起こり、一種のフリーランスブームの背景になっているとも感じています。

私が就活をしていた2006年頃は氷河期を抜けた後ということもあり、安定のために公務員になろうという空気感がまだ残っていました。

それが今やスタートアップ企業が珍しくなりつつあり、学生起業やら学生フリーランスとして有名になるなど時代の変化を感じます。

正社員じゃ無くても良いという人が増え、副業で足りない分は稼ぐという人が増え、リモートワークやパラレルワークなも働き方の多様化、確実に期待できない安定志向から変化を求め、会社に依存しない生き方の傾向は増えてます。

富士通の45歳以上早期退職の件やシャープが海外の企業傘下になったりと何十年先まで成長し続ける企業を選ぶのは至難の技。だからこそフリーランスや起業も選べ、転職もできるぐらい自らに市場価値をちゃんと持たせていく。そういったサバイバル力がフリーランスに限らず今ものすごく問われているのではないでしょうか?

萎みつつある日本の中で何をするのか?

少しフリーランスから話が大きくなりますが最終的に繋がる話をすると、これから私たちが考えるべきことは確実に先進国の中で後追いになりつつ、高齢者が増え若者が減り、国際競争力が弱くなっているこの日本でどう生きていくか?本気で考えねばなりません。

フリーランスや副業と言えどビジネスとは市場の椅子取りゲームのようなものです。

どんどんGAFAのように海外の便利で良い安いサービスが黒船のようにやってきてお金を持っていきます。もちろんサービスによって便利になることは良いことなのですが、その分外貨を日本が稼がなければ日本はどんどん窮地に追いやられていくと思っています。このような危機感も持っている方はまだまだ少数でしょう。

日本はまだまだ豊かですが狭い世界で椅子取りゲームをしてる間、知らぬ間に海外からもっと強敵が現れる。これを繰り返すと感じており、もっと日本から海外にアクションを起こす必要性をここ何年かとても感じます。(でも英語や中国語できないのが悔しい)

以前フィリピンのセブ島にオフシェアの視察に行きました。現地の学生は母国語に加え英語が話せ、Webサイトを作る知識が日本人と同じようにある子で月3万ほどで働くと言います。だからクラウドソーシングで海外から10万円みたいな仕事を手に入れるそうです。彼らにとっては3ヶ月分でも、私たちにとっては1/3分ほどにしかならない。グローバルにでるとその競争に巻き込まれるので日本語に私たちは守られているんだなとその視察では強く危機感を感じました。

最近ではスタートアップ企業の話を聞くとエンジニアは海外にいるという話も珍しくありません。外国人労働者でコンビニで働いている方もいますが少なくとも母国語と日本語の二か国語が話せれて海外で働く図太さがあるだけ優秀さを感じます。

知らない間に海外ではどんどん優秀な人が増えている。それは最終的にツケが回って気がつけば椅子取りゲームの椅子がほとんどない。そんな状況に向かっていると私は周りに警鐘を鳴らします。

目先の利益ばかり追いかけてられない時代に

ここ何年も感じていることですが、自分の楽さを優先するあまり人がどんどん短気になっていませんか?

長期で3年5年かけて結果を積み上げる。こういった能力がとても弱くなっている気がしてなりません。

もちろんマーケティングの進化により

「今すぐ」

「締め切りまであと◯日」

「今なら特典付き」

このようにたくさんPRに踊らされているのも事実ですが、年々自分の頭で考える力が弱くなり、先のことを考える力が弱くなっている気がしてなりません。

海外移住しろとか、起業しろとかではなく、何もしてない間にどんどん状況が悪くなる。そんな中でどう生き抜いていくか?本気で考えて行かなければならない時代ではないでしょうか?

平和で戦争をしていないですが、情報社会や経済戦争は日々起こっていると私は思って日々を過ごしています。

フリーランスも手段でしかありません。会社員かフリーランスかみたいな話をしても仕方ありません。優秀な人ならどの環境も最高なだけです。

これから自分の将来を築いていくのに本当にすべきことはなんなのか?周りの常識で疑うべきものはなんなのか?自分の人生を生き抜くためのサバイバル力や危機感をフリーランス関係なく今多くの人が持つべきでしょう。

フリーランスになって地盤の限界を知るチャレンジするのも良しとしよう

本気で憧れていた職業に情報や人が繋がりやすい今の時代だからこそチャレンジするのも良し

将来や夢のために稼ぎまくるためにも起業するのも良いでしょう

先がわからなさすぎる現代だからこそ、自分から道を創り出す勇気やむしろこじ開けるようなワガママさがもっともっと必要です。

当サイトではその中でもフリーランスを目指す方々を支援させていたきますが、目の前に見えるものだけではなく、このような俯瞰した意識も持ち、日々に生かして欲しいと切実に願います。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。

日本は最初に手を上げたり、声が大きい人がまだまだ優遇される社会です。

フリーランスを目指す方々は

「自分なんてまだまだ」と思わず

「少しわがままぐらいがちょうど良い」と思って行動してください。このままじゃ互いに遠慮しあってみんなで一緒に潰れてしまいます…

稼ぎたい!

独立したい!

自由になりたい!

いいもの作りたい!

独立しても良し、年齢など気にせず今からやりたかった仕事にチャレンジするのも良いでしょう。
シンプルに自分の感情を大事にし、情報に踊らされず、自分の頭で考え、今後の「生き方のデザイン」を真剣に考えて欲しいです。

もしも、今の職業が将来性がないというのであればWebデザイナーやエンジニアなどをフリラボではオススメしています。興味がある方はフリーランスのWebデザイナーになるまでの流れをまとめた記事がありますのでぜひご覧ください。


【ワークショップ協賛】 STUDIO Workshop with 株式会社モリサワ

7/17(水)に開催される今注目のコードを書かずにおしゃれなWebサイトが作れるサービス「STUDIO」の関西初のワークショップがさくらインターネット(梅田グランフロント)にて開催されます!詳しくはコチラ

【相談会】フリーランス相談(初回無料)を大阪梅田で定期開催

大阪梅田の事務所にてフリーランスに興味ある方や、今後の方向性に悩むクリエイターやエンジニア、学生の無料相談を開催しています。詳しくはコチラ

フリーランスを攻略せよ!フリーランスの攻略本

現在弊社では、これからフリーランスを目指す方に向けたフリーランス有償サービス「フリラテ」を準備中です。

長年のフリーランス・クリエイター支援のフィールドワークで培ったノウハウをオンラインで提供するために開発しました。

フリーランスとは言えビジネスをする以上知らないでは済まされないので、ビジネス知識や先人の知恵を集約した攻略の要としてご利用いただきたいと思います。

7/24日(水)リリース予定。
現在事前案内メール登録中です。

十人十色のフリーランスのストーリーがある

世の中ではPRが上手い方、インフルエンサー、キャリアがすごい人などが目立ちますが、
実際にフリーランスは人それぞれ多種多様なあり方があります。
次世代フリーランス研究所-フリラボ-では様々なフリーランスのストーリーを届けます。

NEW

フリーランス無料相談@大阪梅田

フリラボでは実際にお会いできる方を対象とした無料相談会を毎週火曜日に開催しています。開催の概要・アクセス・参加された方の声などは詳細ページをご覧ください。

フリーランスの用語集

フリーランスって何?確定申告?コワーキング?源泉?予定納税?法人成り?
様々なフリーランスに関する知識を用語・基礎知識としてまとめました。

フリーランスカレッジ(独立セミナー編)

大阪2019/5/11開催。2012年より定期開催している主にクリエイターやIT系などを対象にしたフリーランスの独立準備〜中級者向けのセミナーを大阪/東京で開催しています。仕事の獲得の仕方、単価設定、ブランディング、初心者が落ちいるポイントなどトラブルシューティングも解説。