新卒フリーランスを目指す大学生を辞めさせるアドバイス

  • ブックマーク

あなたの周りの大学生・専門学生が「就職せずにフリーランスになりたい」と言い出したらどうでしょうか?

「就職せずにフリーランス?無理無理」
「日本で新卒カード捨てるなんでなんて勿体ない」
「不安定だからやめとけって!フリーターと変わらないで」
「そんな人生甘く見ないほうがいいよ・・・」

新卒フリーランスを取り巻く世界では上記のような意見をよく聞きます。
しかし、感情的なアドバイスが多かったり実際にフリーランス経験が無い人が知ってるアピールしたりと大半がまともなアドバイスではありません。

実際にフリーランス支援をしている立場から、もしあなたの友人で何かしらに感化されてフリーランスを目指す!という方に向けた具体的なアドバイスをご紹介します。フリーランス支援という立場として誰でもフリーランスになれる方法を教えているのではなく、どうしればいいのか、本当にやるべきなのかをちゃんと教えてあげることが本当の支援だと思ってこの記事も書いています。

なお、フリラボ内ではコチラの記事が人気でよく読まれています。

【この記事を書いた人】
フリーランス・クリエイターの駆け込み寺
株式会社クリエイティブユニバースCEO
事業戦略クリエイティブプロデューサー
樫本祐輝(カッシー@strive
1985年生まれ 岡山出身大阪在住 Web制作会社→フリーランスWebデザイナー→ゲーム開発会社→マーケティング会社→NPO法人→再びフリーランス→フリーランス・クリエイター支援や法人向けコンサルティングで法人化。2012年よりフリーランスセミナーを大阪・東京にて開催中、2013年にフリーランス・クリエイターのクローズドギルド「TheCreative」を主宰。フリーランス・クリエイター支援に本格的に力を入れるため2017年に法人化。「#クリエイター祭り」など様々なイベントを開催する。家庭も大事にしずっと専業主婦の妻と3児のパパ。これまでお会いしてきたフリーランスは1,000人以上。詳しいプロフィールはコチラ

卒業までに月30万円稼ぐ覚悟はあるか?

これまで沢山の学生の相談にも乗ってきましたが、シンプルにお勧めできない理由の9割が普通に生活できる金額を稼いでいないことです。

下手すると自分で仕事を獲得したことが無い方もいるほどです(驚)

親の立場で考えた時、生きていけるだけちゃんと自分の力で稼いでいるんだなと思えるならば否定しにくいですが、そもそもその見込みも無い状態だととても安心できたものではありません。

言うならば漫画を描いたことないのに「俺プロの漫画家になりたい」みたいな温度感です。それはとても危なっかしいですよね。

なので、シンプルな回答として「稼いでから言えば?」というのをオススメします。

ちなみになぜ30万円なのか?というと会社員の月20万円相当の手取りと、今後の見通しを立てるための余剰や税金払ったり自分で備品買ったりすることを考えるととりあえず超えるべきラインが月30万円なのです。

就職や社会から逃げていないか?

新卒フリーランスを目指すというのを隠蓑にただ単純に会社や社会が嫌だという大学生が一定数います。

しかしシンプルに考えてください。

組織の後ろ盾もなく、自分の力だけでビジネスをするのは会社や社会が嫌だという方に果たして本当に務まるでしょうか?

どちらかと言えば組織の中でも優秀な方が、組織では物足りないからと独立するのがベターです。

むしろ経験や実績がないのであれば、会社の看板でいろいろな経験をさせてもらった方が良いですし、新卒というカードで優しく教えてもらえます。

しかし、フリーランスとして仕事をするということは当然ミスれば損害賠償ものだったり、信用をなくして取引がなくなったりすることも当然あります。

困った時にアドバイスしてくれる上司もいません。
仕事に必要な道具も事務も全て自分でやる必要があります。

それほどのリスクを背負ってまで何がしたいのか?
よくよく考える必要がありませんか?

税金、健康保険、年金、奨学金など将来の固定費は把握できているか?

そこそこスキルを持ち、収入もあるけど…将来のシミュレーションが足りない方も多いです。学生の間は親の扶養家族だったりただ言われるがまま学校に通ったりしていれば良かったです。

しかし、社会に出るとさまざまなものが降りかかってきます。

その中でもダントツ大学生が理解してないのが「どれだけお金がかかるか?」です。

健康保険、年金、借りている人は奨学金と様々な払わなければならないものがあります。月15万ぐらい稼いでいたらなんとか出来るかなとバイト感覚でやってると痛い目に合うでしょう。

冒頭でも説明していますが、フリラボとしては仮に一人暮らしで社会で独り立ちするとすれば月30万ぐらい稼ぐことがフリーランスでやっていくのに必要かと考えています。

確定申告は理解しているか?

ビジネスをするということは、税金を納める必要があります。学生の間は消費税とアルバイトをしたことある人は所得税を払ったことがあるかもしれませんが、どちらも天引きだったり、勝手に納めてくれるもので自分から計算して納付するという経験は殆どの学生には無いことでしょう。

フリーランスで仕事をして稼いでる方は毎年2〜3月に確定申告をしなければなりません。確定申告をしなければあなたは収入が無いとされてしまいクレジットカードなど審査系が通り難かったり、稼いだお金を申告してないと脱税になったりします。

個人で仕事をしていく上でお金を受け取る以上、「知らないでは済まされない」事実として理解しておきましょう。

本気でその道のプロと戦っていく覚悟があるか?

最近ではアフィリエイトやプログラミング、FXなどで独立して楽して食べて行こう!なんてPRしている怪しい方々も多いです。

しかし、本当にそれは楽で稼げる道でしょうか?

実際怪しい手法に手をつける方は沢山いらっしゃいますが、ちゃんと成果を出せる人は一握り。1割もいれば良い方でしょう。その有名な人のもとで結果を出した人が何人いるのか自分の目で見るまでは信じない方が良いです。メディアであるここで言うのもなんですがネットで書いてあるから、SNSに書いてあったからというのは信じる情報には当たりません。稼いでると言うならば確定申告の控えや法人の決算書でも見せてもらうまでは信じないぐらい疑うのでも良いです。

大学生はタワーマンションや高級車などに圧倒される方も多いですが、残念ながらビジネスの世界ではそれらはそんなにハードルが高いものではありません。(せめて屋上角部屋の億ションとか、フェラーリみたいな高級車ぐらいは見せて欲しい。)

その道のプロの方々に引けを取らず、上位に入れる自信がある人はいきなり新卒フリーランスに挑戦しても良いでしょう。その道のプロとして食べていくとうことは、同じ業界の先輩方と競い合うことです。その世界で戦う勇気を持てますでしょうか?

落ち込んでもブレない理由を持っているか?

仕事で失敗したり、収入が無い月があったり、納品したのにお金が貰えない…そんな落ち込むようなトラブルは日常茶飯事です。

会社であればそれでも上司や会社がフォローしてくれたり、来月も普通に勤めていればお金が給料として入ってきます。ですがフリーランスは信用問題。仕事で失敗すれば信用を失い取引を無くします。

全部1人で考えて行動していくので何が正解なのかわからないまま進み続ける孤独さに耐える力がフリーランスとしてやっていくには必要です。

これは実際に長年フリーランス支援をし続けてきて、何年も戦い続け成長し続けられる人の共通点が「折れない不屈の精神」です。彼らは百戦錬磨のサバイバルを戦い抜けてきたプロなのです。

まとめ

これらのアドバイスを伝えてもなお新卒フリーランスを目指すというのであれば止まらないでしょう。

会社員であろうがフリーランスであろうが自分の人生の責任は自分で決めて果たすしかありません。フリーランスはその自分の人生を自分で歩くという第一歩です。

もし、少しでもリスクを減らしたいと思うのであればフリラボでも相談会(大阪)やビジネスを教えたりしてるギルドの勉強会など開催してますのでご参加ください。実際に何人かの新卒フリーランスにもご参加いただいております。

今後は新卒フリーランスインタビューも増やしていく予定なのでお楽しみに。

  • ブックマーク

オンラインスクール事業「フリカレ」

2020.7.13 オンラインスクール事業「フリカレ」を立ち上げました。ゼロ期生として動画編集を学ぶ「動画クリエイターコース ビデオクエスト」とデザインを学ぶ「デザイナーコース デザインクエスト」の2つで募集を開始します。

YouTubeチャンネル開設!

2020.07.31 YouTubeチャンネル開設!フリーランスの入門コンテンツを毎週金曜日に配信中

十人十色のフリーランスのストーリーがある

世の中ではPRが上手い方、インフルエンサー、キャリアがすごい人などが目立ちますが、
実際にフリーランスは人それぞれ多種多様なあり方があります。
次世代フリーランス研究所-フリラボ-では様々なフリーランスのストーリーを届けます。

フリーランス無料相談@大阪梅田

フリラボでは実際にお会いできる方を対象とした無料相談会を毎週火曜日に開催しています。開催の概要・アクセス・参加された方の声などは詳細ページをご覧ください。

フリーランスの用語集

フリーランスって何?確定申告?コワーキング?源泉?予定納税?法人成り?
様々なフリーランスに関する知識を用語・基礎知識としてまとめました。

新着記事