フリーランスになる理由、目指す理由。

毎年大阪で開催しているクリエイターイベントが今年も開催!(※弊社が主催しています!)
クリエイター200人祭り2019大阪 3年後の可能性を立証せよ!怪盗Wの挑戦状
【有料βユーザー募集】 フリーランス攻略支援サービス「フリラテ」の有料βユーザーを募集中!あと5名。 この度フリーランスの疑似体験をしていただく「バーチャルフリーランス」など、営業メール、見積もり、請求書などのビジネス系の添削やノウハウ提供をするサービスを開発中です。!詳しくはコチラ
【定期相談会】フリーランス相談(初回無料)@大阪梅田
大阪梅田の事務所にてフリーランスに興味ある方や、今後の方向性に悩むクリエイターやエンジニア、学生の無料相談を開催しています。詳しくはコチラ

フリーランスになるということは、厳密には個人事業主として独立するということです。(最近では会社員の副業でもフリーランスと名乗るケースが増えていますが・・・)

独立と聞くと、会社を辞めて自分のスキル一本で食べていくというイメージなのでものすごく優秀な人がなる印象が強いです。

しかし、フリーランスも働き方の選択肢の一つです。フリーランスになるのは様々な理由があります。

この記事ではどのような理由でフリーランスを目指すのか?紹介していきたいと思います。

【この記事を書いた人】
フリーランス・クリエイターの駆け込み寺
Creative Universe Inc CEO
クリエイター祭り主催
樫本祐輝(カッシー@strive
1985年生まれ 岡山出身大阪在住 Web制作会社→フリーランスWebデザイナー→ゲーム開発会社→マーケティング会社→NPO法人→再びフリーランス→フリーランス・クリエイター支援や法人向けコンサルティングで法人化。2012年よりフリーランスセミナーを大阪・東京にて開催中、2013年にフリーランス・クリエイターのクローズドギルド「TheCreative」を主宰。フリーランス・クリエイター支援に本格的に力を入れるため2017年に法人化。「#クリエイター祭り」など様々なイベントを開催する。家庭も大事にしずっと専業主婦の妻と3児のパパ。詳しいプロフィールはコチラ

超定番は「会社では物足りない」

まず、普通に独立するというのはどこかしらの会社に勤めていて、次のような理由で独立するケースです。

  • 会社の中で自分のやりたいことができない
  • 欲しい収入に届かない
  • より可能性を広げれる選択肢を会社の中では選べない
  • これ以上昇進するとやりたくないこと・責任が増える。
  • 外部に一緒に仕事したい人がいる

このような方はポテンシャルが高く、自分でお客さんを手に入れたりして自然と独立したほうがいいなというケース。

会社としては非常に痛手となりますが、優秀な人の待遇を用意できないと流出するのは仕方ないことです。

フリーランスとしては王道であり、「自分の実力を試したい」という向上心やチャレンジ精神旺盛なパターンです。

子育て・介護など在宅が目的

在宅で働きたい理由は様々です。その中でも女性に多いのが子育て・介護を理由にしたフリーランスを目指すパターンです。

  • 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんと過ごす時間を少しでも増やしたい
  • 子供が小さいうちはずっと一緒に居たい。でも、最低限お金は稼ぎたい
  • ペットと一緒に居たい

こういった感情的に収入が減るとか稼げるとかというよりも、その人との時間を最優先にしたいケース

実際に問題週5フルタイムで働いていると、家に帰ったらご飯食べて寝るだけみたいな生活も珍しくありません。フリーランスであれば外出しない限り一緒に過ごすことができます。

長い人生の中でその方との過ごす時間を何年かとっても全然悪いことはありません。特に子育てに至っては夫婦共にフリーランスになる方もいます。

近年QoL(Quality of Life)といった言葉があるように、コスパやお金だけではなく、生活の質を上げることが重要とされています。お金に余裕があっても毎日ギスギスした家に帰る、子育てで妻に負担を強いるなどで体調不良やストレス、トラブルの原因になるぐらいならフリーランスという選択肢もありでしょう。

体調など健康的な理由

実際働いてみると、週5フルタイムで働くというのは意外と大変です。
世の中には健康上の理由から週5フルタイムで働くことが難しい方がいらっしゃいます。

そんな方が選べる選択肢となるとシフト制のアルバイトや時短勤務、週3・4だけ出社といった選択肢になります。

それに比べるともしも自分がデザインなど専門スキルがある場合は、自分の体調に合う働き方ができるという最強のメリットがフリーランスにはあるので、働く体力や時間が限られている人には時間のメリハリが作れるフリーランスという働き方は合っているでしょう。

ただし、フリーランスは仮にも事業主。
体調が悪いや精神的な理由で納期が遅れたり連絡取れないといった行為は信用問題なので言い訳にはなりませんので注意しましょう。フリーランスはそれらの対策も含めて仕事となります。

地元に帰りたい、海外で働きたいなど場所的な理由

フリーランスのメリットの一つに「働く場所に依存しない」というのがあります。

特にIT・クリエイティブの仕事はパソコンとインターネットがあればできる仕事も多く、東京の仕事を大阪でする。日本の仕事を海外でするといった自由な選択が可能です。キャンピングカーに乗って旅をしながら仕事をすることも可能です。

  • 地元に帰りたい
  • 子供が小さい時期に妻の実家の近くで仕事をする
  • 日本の仕事を海外でする
  • 国内・海外を移動しながら仕事をする
  • 家やカフェ、コワーキングスペースで仕事する

このように働く場所に依存しない働き方ができるのがフリーランスの強みです。会社員で働く場合、働く場所はほぼ決まっていますがフリーランスの場合どこで働くか?から考えることができます。

もっとお金を稼ぎたい

お金を稼ぎたいというのまっとう理由での独立。

会社員で年収1,000万を超えていくのは正直そうとう大きい企業か、成果報酬で結果を出すといった方法しか難しいです。

独立して経営者・ビジネスオーナーになることで単価は上がり、月30万50万を超えていく可能性は一般的な会社員をするよりも自分の最良で考えられる分、動き稼ぐことができます。

また、フリーランスであれば「いくら稼ぎたいから・・・」と仕事の仕方を逆算して考えることができます。

会社員で毎月の給料を+5万するのと副業で毎月+5万仕事するのであれば後者のほうが遥かに簡単なので、より稼ぎたいという人は自分で事業するほうが向いているので独立する方が多いです。独立したほうが節税面でも強いのもありますね。

そうやって副業で仕事してたらだんだん依頼が増えてきて収入が逆転し、気がついたらフリーランスになったというケース。

もっと時間が欲しい

似たような理由で「時間」が欲しいケース。

ただ、フリーランスは自分で自由に決めれますが営業から経理まで全部自分でやらないといけません。実際なってみると思ったよりも時間無いな・・・という方も多いのが事実です。

それでも目指す方が多いのが、人生を会社のためではなく自分のために使いたいという気持ちが強いケース。

このメディアでも下記のような記事を書いていますが、学生で新卒フリーランスを目指す話も最近では珍しくありません。

より高みを目指すための期間

フリーランスはゴールではありません。実際に独立後に取引している会社に後々入社するといったケースも珍しくありませんし、その後法人化してより事業をスケールしていく方もいます。

これらの方はあくまでその時のベストな選択肢がフリーランスだったというだけであり、より自分が目指すべき組織や仕事があればそちらにシフトしていきます。このように通過点としてフリーランスを選ぶケースです。

  • やりたいことができる会社を見つけて入社するまでの間の働くケース
  • より事業を大きくしたくて法人化するケース
  • 作品制作などやりたいことがあり、時間が欲しいケース

このように更に上を目指すための間の期間としてフリーランスを選ぶケースです。

転職活動中に仕事が来てなりゆきフリーランスに

思ってるよりも意外と多いのがコチラ。

それなりに仕事ができ、交友関係も広い方であれば手が空いてる状況を周りがほっときません。あっという間に仕事の相談が増え、気がついたら実質フリーランスになってしまったので、後追いで個人事業主やフリーランスについて教えて欲しいという相談も実際多いのです。

この状態になるためにはしっかりと自分のWebサイトやSNSなどでできることをPRしていたり、話してみたい・会ってみたいと思える印象を周りに与えている人徳ある方などがこの状況に入りやすいです。

夫の転勤に合わせて引っ越し、いまさらパートなんてできない

専門職の仕事をしていて、ある日突然旦那が転勤になり見知らぬ土地へ・・・となった場合フリーランスになりやすい仕事をされている場合そのままフリーランスになるケースは多いです。

実際全く知らない土地でパートだと収入少ないし、全くゼロから考えるのであればフリーランスに挑戦してもいいかなと考えるパターンです。

その後、上述してるように良い会社を見つけてジョインするケースや、そのままオンラインで全国と仕事したりと様々です。

これからゼロから始める方であれば次の営業の記事が参考になります。

自分の理想の環境で仕事をしたい(例:昼寝したい)

私が独立して家で仕事したい理由No1が実はこれでした。

会社のPCはスペックが低いのに自宅のPCは自作してハイスペック。
自分が選んだソフトで自分が選んだ取引先と仕事をするという環境は自分にとって理想の環境でした。

  • 電話の音がうるさい
  • 職場の人と会いたくない
  • 音楽を聞きながら仕事したい
  • 自分のパフォーマンスのために適度に昼寝したい

働いていると「家だったらもっと早くすごいものが作れるのに・・・」とストレスが溜まっていき、先は見えないけど独立することにしました。

もちろん、場合によっては会社に交渉して自分の環境を整えることもできるのでまずは交渉してみることをオススメします。

結論:フリーランスになる理由はなんだっていい

さて、最初に超王道として紹介した会社が物足りないケースは実はそれほど割合で言えば多くありません。どちらかといえばなりゆきフリーランスの方のほうが多い印象です。

ここで伝えたいのは「フリーランスはゴールではなく、選択肢」ということです。

別に崇高なものでもないですし、ハイスペックである理由もありません。人それぞれ理由は様々です。

大事なのは

「今重視すべきものはなにか?」

「将来のためにできることは何か?」

などを考えてフリーランスという選択肢を選ぶべきかどうかを考えることです。

フリーランスの最大のメリットは「自由にフルカスタマイズできること」なので、あなたの人生にあったフリーランスライフを自らの手で作りましょう。


毎年大阪で開催しているクリエイターイベントが今年も開催!(※弊社が主催しています!)
クリエイター200人祭り2019大阪 3年後の可能性を立証せよ!怪盗Wの挑戦状

【有料βユーザー募集】 フリーランス攻略支援サービス「フリラテ」の有料βユーザーを募集中!あと5名。

この度フリーランスの疑似体験をしていただく「バーチャルフリーランス」など、営業メール、見積もり、請求書などのビジネス系の添削やノウハウ提供をするサービスを開発中です。!詳しくはコチラ

【相談会】フリーランス相談(初回無料)を大阪梅田で定期開催

大阪梅田の事務所にてフリーランスに興味ある方や、今後の方向性に悩むクリエイターやエンジニア、学生の無料相談を開催しています。詳しくはコチラ

フリーランスを攻略せよ!フリーランスの攻略本

現在弊社では、これからフリーランスを目指す方に向けたフリーランス有償サービス「フリラテ」を準備中です。

長年のフリーランス・クリエイター支援のフィールドワークで培ったノウハウをオンラインで提供するために開発しました。

フリーランスとは言えビジネスをする以上知らないでは済まされないので、ビジネス知識や先人の知恵を集約した攻略の要としてご利用いただきたいと思います。

現在ベータ版ユーザー募集中!

十人十色のフリーランスのストーリーがある

世の中ではPRが上手い方、インフルエンサー、キャリアがすごい人などが目立ちますが、
実際にフリーランスは人それぞれ多種多様なあり方があります。
次世代フリーランス研究所-フリラボ-では様々なフリーランスのストーリーを届けます。

NEW

クリエイターよ、大阪に集え!

11月4日(月・祝)に大阪にて第五回クリエイター祭りを開催。フリーランス・クリエイターを中心とした関西最大級のクリエイター交流イベントです。弊社が主催し、筆者のカッシーも登壇します。

フリーランス無料相談@大阪梅田

フリラボでは実際にお会いできる方を対象とした無料相談会を毎週火曜日に開催しています。開催の概要・アクセス・参加された方の声などは詳細ページをご覧ください。

フリーランスの用語集

フリーランスって何?確定申告?コワーキング?源泉?予定納税?法人成り?
様々なフリーランスに関する知識を用語・基礎知識としてまとめました。